HYGGE +

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

真っ白なサニタリー

引越しまで 残り3日。
金曜日は家具の搬入やら授業参観やらで1日潰れると考えると・・・ヒェー
荷造り進捗6割~7割?
1室段ボールの要塞と化しています。実母からヘルプの確認がありましたが、今来てもらっても寝るスペースも確保できないし、結婚を控えた妹も引越しが近いという事もあってバタバタしているみたいなので、今回は1人で頑張るわーと・・ 宣言したものの途方に暮れてます。
箱詰めって 残り2~3割の方が厄介だったりしません?

---

さてタイトルどおり。我家のサニタリー(洗面脱衣室)です。
あらためて見ると特筆すべき項目は無いのですが、まぁ標準から選んでいくとこうなるんだなぁと思っていただければ。ざっくりとご紹介したいと思います。

sani001.jpg

洗面脱衣室は収納まで入れて2.75畳。
洗面台はメーカーオリジナル(サダシゲ)の1035mmタイプです。
デザイン的な事はともかく、2Pの洗面台にフラットな大鏡と思っていましたが、スペースが足りず断念。1Pタイプより少し広いので、洗面ボールの左側に少しモノが置けるスペースがあります。把手の無いフラットな扉はすっきり見えること、スクエアボールがシャープに見えること、このタイプを選んだ理由です。

サニタリーにはパジャマ・下着・タオルを収納するスペースを確保。
これで、湯上りに濡れたままリビングに脱走してくる事を防げるはず。
タオル掛けは目星をつけている品があるので、そのうち買おうと思っています。

このスペースには 一応天井に物干竿をつけてあります。雨の日&焼畑時期(笑)の室内干し用。たまの雨の日は乾燥機でも対処できますが、焼畑後は灰が舞う期間が長いので、室内干しスペースは必須。田園地帯の悩みです。義実家には贅沢な日当たり抜群なサンルーム的スペースがあり、プランニング中便利よ~と力説されましたが、その様なスペースは我家にはとれません~(涙)

窓の下(写真左下)には、お湯取りシステムのホース、給水口、コンセントがあります。最初窓の横に設置されていたのですが、見た目が気になるのと、我家の洗濯機は背が低いので、窓下に収まる事もあり、位置を変更してもらいました。これで少しはスッキリ見えるはず!

床はキッチン用のフロアタイル。マーブルホワイトです。
洗面台の横の壁にはお手入れの楽なサニタリーウォール。
どこもかしこも真っ白け空間になりました。

洗面脱衣室を真っ白にしたのには一応理由があります。
それはお風呂とのバランス・・・ なのですがまた次の機会に。

ありがとうございます♪ →住まいブログランキング

スポンサーサイト
  1. 2007/11/07(水) 14:22:53|
  2. ケンガクカイ
  3. | コメント:9

ワタシの部屋

昨日、カーテンの採寸がありました。
LCサンと業者サンがこられて、カーテンの取り付け高さなど、一緒に確認をさせてもらいました。手際良く、パパッと測られてあっという間に終了です。
色々悩んで、こんなギリギリの時期になってしまったのに、メカ物以外は9日には取り付けられそうです。主寝室のレースだけは後になってしまうかも?という事でしたが、全然OK。むしろ、カーテンが無い生活を覚悟していたので、超特急の納品にびっくりです。夜の鍵渡しに来てくれるLCサン&設計サンにも、カーテンが取り付けられたところを見てもらえます。むふ。
そうそう、前回(→過去記事)悩んでいたコストダウン。これも頑張りました。
なんとか選んだ生地は変更せずに、金額を落とせました。トリムは死守!
家具選びは進まないけど、カーテンが入ればまた変わるでしょうね。楽しみ。

---

web内覧会を続々とUPされてるみほさんに触発されて。
ようこそ! と言う様な場所ではありませんが。

IMG_9598.jpg

扉を開けると…

room002.jpg

じゃーん! お手洗いデス。笑
ひいてませんか~?爆笑してませんか~?

営業サンには、ここだけ異空間ですねと言われ、
業者サンには、奥様の部屋でしょう?と笑われました。

はい、ワタシのお部屋ですよ~と答えたいくらいお気に入りの空間です。照明がちと大きかったかな?という気がしないでもないです。そして明るすぎ。わずか1畳の空間に100Wのクリア球ですからね~。これは絶対W数を落とします。もちろん今の照明が切れたら。ぷっ!

照明はコチラで購入。
対応もすごく早くて、満足デス。

トイレ本体は普通の。相方の希望でウォシュレットを付け、トレビューだとオプション扱いだったフチ無しトルネードが、XEVOには設定されていたので変更してもらいました。手洗いは廊下側にあります。床材も変更したい商品に目星はつけていたけど、思った以上に差額が大きくて。自己規制をかけました(爆)せめて標準品がもう少し白ければ良かったのになー。

とはいえ、閉ざされた狭い空間だからこそ出来た冒険。
特に2Fは家族しか使わないだろうと思えたからこその選択。
ローラアシュレイの壁紙は色々悩まされましたが(笑)、イメージどおりに仕上がったので大満足です。

※コメントのお返事はのちほどいたします。すいません~

ワンクリックお願いします♪ インテリアブログランキング

  1. 2007/11/06(火) 13:05:29|
  2. ケンガクカイ
  3. | コメント:10

続)キッチン

水栓とか把手とかスイッチとか 細かいパーツを見るのが好きです。
そして細かいパーツであっても、全体の雰囲気を左右するとも思っています。
いえいえ そう思い込んでるだけなんですけど。だってそう思ってなくちゃ。。。ねぇ?

そういう事で(?) キッチンは細かいパーツを変更しました。
山ほど集めていたカタログが無駄にならなくて良かった。笑

kitchen003.jpg

まずは定番。水栓をグローエのゼドラへ。
ゼドラをベースにしたクリンスイの一体型浄水器の採用も検討しましたが、シンクの中央には水栓が付けられないので断念。どちらか片方のみ水栓が立ち上がってるバランスが好みじゃありませんでした。グローエの中では他にミンタも気になってました。浄水器用の水栓がカーブしてたのでゼドラを選択したんですが、どうでしょう?どっちでも良かった感じもしますかね。

そして、これまたLCサンにお手数をかけたのが把手。
お馴染みKAWAJUN製の把手を、現場施工で取り付けしてもらいました。この把手を選ぶとき、自分のカタログを実家に帰省した時に忘れて帰ってくる・・という大失態をやらかしたのですが、LCサンには「神社の鳥居みたいな形の」と伝えて調べてもらいました。無事イメージが伝わって発注できたんですが、現場に届いた把手のラベルを見ると「鳥居型」の文字。なんだ、メーカーでもそう思ってるんだ と1人クスッ。
元々ライン把手だったのを工場で外してもらったのですが、外したからといって減額はありません。あくまでも把手代+施工費の上乗せのみ。ちょっと損をした様な…笑

パーツを変更してもらったのは以上です。
あとは換気扇をXEVOの設定品から選んだ事ぐらいかな?(うちはトレビュー)
クリナップ標準のダブルウィングが嫌だったのですが、アリアフィーナは高いですねぇ。これ以上は恐ろしくて聞けませんでしたけど。素材も違うから価格差はあって当然なんでしょうが。

オマケ。

kitchen004.jpg

ペニンシュラは収納+カウンターorオール収納が選択できますよね?
うちはご覧のとおりオール収納です。オール収納の場合の写真や、収納の状態など、カタログでは確認できないかな~と思い、全開にして撮影してみました。オール収納にしたのは、ダイニングテーブルまで距離が取れるほどのスペースは無いので、カウンターにしても椅子が常設できないかな?と思ったからです。デッドスペースになるくらいなら、始めから収納にしておこうという魂胆。雑多な物、色々入れられそうなので重宝しそうです。

吊戸棚も空けるとこんな感じ。
チビっ子なので、上段に入れる物は吟味しなくてはいけません。
この吊戸棚とハイカウンターの引出、クリナップ製には耐震ラッチが付いてません。同じ形のサンウェーブ製には標準で装備されていたんですが。キッチン本体だけに付いても意味が無い様な気がするんですが、どんなもんでしょう?気にされる方、気にせざるをえない地域にお住まいの方は、その時点で選択肢から外れますよね?

kitchen005.jpg

最後に ちょっと~!とクレームを入れたくなった場所。
思わず監督サンには、これで完成ですか?と聞いた右写真。ノーマルのフルオープンだと引出収納がくるのでさほど気にならないのですが、フルオープンの食器洗乾燥機を入れると、そこだけ真っ黒。デザインも何もあったもんじゃありません。

一応確認してもらいましたが、これで完成なんだそうです。
引出収納のデザインもどうかと思いますが、これはあんまりです(泣)
キッチンメーカーの担当者サンも、そこはちょっと・・と認識してるみたいなんですけど、今のところどうしようも無いそうです。現場の声が上の方まで届いて改善される事を祈っております。

そういうわけで、フルオープンタイプの食洗機を導入される方は要注意ですよ~。容量は少なくなりますが、見た目を優先するならノーマルタイプの方が有利です!

さて。後は日々使ってから、お手入れなどを含めて またレポしたいと思います♪
真っ白なキッチン維持するぞー

いつもありがとうございます♪ →住まいブログ

  1. 2007/10/31(水) 12:04:34|
  2. ケンガクカイ
  3. | コメント:2

キッチン

引越しまであと10日程度。
ちっとも作業が進まないんですけど… 大丈夫なのかな?
と思いながらも気分転換はしたいのでblogはアップ。笑
相方が知ったら怒られそうだわん。あは。

---

ここがワタシの戦場です。

kitchen001.jpg

以前(→過去記事)少しだけUPしたキッチンです。
前回は夜だったので 日中の様子をあらためて。

大解剖!と言いたいところですが、そんなに珍しい物ではありません。笑
ベースはごくごくノーマルなメーカーのオリジナルキッチンです。(キッチンの仕様はコチラ)お家系雑誌でも特集の多い場所ですから、憧れていたキッチンメーカーも、こんな風にしたいという絵図もばっちりありました。が!早いはなし我家の予算では手が届かず(涙) あっ、涙と言いながら、実はあんまり気にしてません。細かいパーツはカッコイイキッチンには到底叶いませんが、いざ使うとなったら実用にあたって何の不足もありませんもんね。ワタシにはハイテクすぎるお台所でございますよ~♪

本体はクリナップ製 ペニンシュラタイプです。
食育を兼ねて子供達と作業をする、ママ友と石鹸作りをする、実母に料理をしてもらう横で片づけをするという日ごろの用途を考えると、カウンターに段差が無い方が利便性が高いであろうと予想をしてこの形に。

ペニンシュラにする事で諦めた事もあります。
本当は人大カウンターの上にコンセントが欲しかったんです。フードプロセッサーとかミキサーとか使う時に便利だと思って。でもカウンター上にはコンセントは付けられないと・・ LCサンにはスマートビューカウンターならコンセントが付きますよと教えてもらったのですが、立ち上がりに段差ができるのは上記の理由で抵抗があったので、コンセントを諦めたというワケです。

さて、主にお財布事情からオリジナルキッチンを導入した我家ですが、ちょこっとでも理想の形に近づけようと少し知恵を絞ってコストをかけた場所があります。転んでもただでは起きません。プププ ここでもLCサンには本当に色々動いてもらって大感謝です。誰も気がつかなくても、ここでお披露目するから許してくださいね~(って、見てないと思いますが)

kitchen002.jpg

まずは何度かチラチラと登場しているガラスタイル。
キッチンパネルの変わりに採用。打ち合わせ当初はこの面だけのつもりでしたが、思ったよりも施工費が安かったので(思ったよりも・・ ってだけですが)、ハイカウンターと吊戸棚の間にもタイルを追加。タイルが採用できるかも?というだけで浮かれてサンプルも確認しないで決めましたが、真っ白な我家にはとても合っていると思います。床の色との相性もばっちり・・・ですよね?(←どうも自分の眼に自信が無いらしい。笑)
ところでお値段って気になります?いつもこの手のネタは迷うのですが…

床の相性といえば。
キッチンの色決め、実はものすご~く悩みました。サンウェーブの新色にも気になる色があったので。経過は省きますが、最後は床材と面材との組み合わせと、内装とインテリアとのバランスを考えて、白に落ち着きました。標準仕様の色って、どう組み合わせてもそんなに妙な事にはならないでしょうという無難な物が多いとは思うのですが、だからこそ微妙な色あわせでイメージも変わるんですよね。細かいところで好き・嫌いというのは当然あるので、我家だって訪れる方にどう評価されるのかは分かりませんが、常に全体を意識するというのは忘れてはいけない事なんだと思いました。もちろん1番大切なのは、自分が心地よいと感じること、好きと思えることだと思いますけどね♪むふ。

他にも写真を用意したのですが、横道にそれている間に長くなりましたので。
続きはまた明日!引っ張っちゃってスイマセン・・・

クリックしていただけると励みになります♪ →住まいブログランキング

  1. 2007/10/30(火) 12:46:08|
  2. ケンガクカイ
  3. | コメント:15

エントランスと照明

帰ってきた時に ほっとできる様な空間をめざして。

entrance001.jpg

我家の顔(=玄関)の夜の様子です。

照明は以前ご紹介したとおり、メインにMicro Orbiter(D-922W)を2灯並べて使用しています。そしてシューズボックス下には間接照明。これはしゃがむと器具が見えますので要注意。

主照明は12Vハロゲンランプ(低内圧型)50Wが2灯なので、狭いホールにはオーバースペック。家中で一番明るいんじゃないでしょうか。先に明るい空間を見てしまうと、その後照明を落とすと違和感を感じるといった事を照明を調べている時に学びました。となると玄関が明るいというのはマズイですよね。ここは失敗したかな~

(ワガママなお願いとは思いつつも)完成してから調光器を追加したいと希望したのですが、コチラのデンマーク製の照明には、別途トランスを取り付けてあるため、壁の配線ごと取替えなければ調光がかけられないという事が分かりました。出来上がった壁をはがして工事となると大掛かりだし、費用もかかります。初めから計画していれば問題無い様ですが、こればかりは仕方ありません。

調べてみたところ 現在使用しているGY6.35 12Vハロゲンランプクリア(低内圧型)には35Wの物が販売されている様なので、LCサンに確認して取り付け可能ならば、今の電球が切れたら(←勿体ないので)W数を下げた物に交換して対応しようかなと思っています。

良かったらクリックをお願いします →住まいブログ

  1. 2007/10/29(月) 00:14:21|
  2. ケンガクカイ
  3. | コメント:10
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。