HYGGE +

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プチトラブル

カテゴリーに、コウジキロクを追加しました。
工事記録は、日付を追っていきたいなぁと思っているので、新着記事が過去に入る事もあるかと思います。分かり難い部分もあるかと… すいません。
覚書みたいな記録なので、興味の無い方はスルーしてくださいネ☆

---

本格的な工事が始まって3日目。
今日はちょっとしたトラブルが発生しました。
基礎屋さんが1日の仕事を終えてしばらく経ってから、敷地にトラックが。しばらく遠目に見ていたのだけど、同じ場所で座り込んで、図面とにらめっこして、時折携帯で話し込んで。それはどう見ても、何か問題?と思える様な様子。気になって気になってしょうがないのに、自分から声をかけれない臆病者。お義母さんにお願いして、コーヒーを差し入れしつつ声をかけてもらいました。

先輩らしき人は、大事な電話の最中という感じだったので、後輩っぽい若いお兄さんに事情を説明してもらい、びっくり仰天。彼らが持ってる図面と、実際に施工されてる基礎が違うと…。
しかも、未だに電線がきていない我家の敷地。
持ってきた装備では、今日中に終えなければいけない作業ができないというので、困っておられた様なのです。図面が違うという時点で、それってどうなの?とも思いますが、致命的なトラブルには繋がらないと聞いて一安心。要は、電気が使えて、配管屋さんが道具を持ってくれば、工事は進められるという事だったのです。

とはいえ、申し訳ないけれど、何もお手伝いできない私達。
せめてもの気持ちで、直接連絡できない彼らに代わって、営業さんに連絡を入れました。(←お義母さんが)下請けに丸投げしようが、孫請けが工事しようが、それ自体は一向に構わないのですけどね、今回みたいな行き違いがあると、結局困るのは現場の人。真っ暗な中、懐中電灯の明かりを頼りにしながら、基礎と格闘している姿を見ちゃうと、本当に気の毒で。
こういう行き違いが、もう無ければいいなと思わずにはいられません。

結局、明日の朝イチで、若いお兄さん方(配管屋さん)は作業をするという事で帰られました。何度も足を運んでもらって、すいません。時間を無駄にさせた仇は今度とっときます!って、言えませんでしたが強く思っております(笑)
失敗は成功の元。
次に繋げてもらわなければ、意味が無いですよね。

ところで… 電線は一体誰が手配するのでしょう?
電力会社が忘れてるだけ…なんて事はないよね!
スポンサーサイト


  1. 2007/08/10(金) 04:00:22|
  2. オウチ
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。