HYGGE +

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

有元葉子さんお薦めのフライパン

まだ暖房のスイッチは入れてないのですが、ムスメの肌が乾燥してきたので、加湿器のスイッチを入れました。我家のボネコは気化式なので、目で見て潤ってる感はないのですが… 今年もしっかり働いてもらいたいものです。

---

IHを使い始めた時に悩んでいたフライパン。
いきなり多くを求めてはいけない(?)と 安易にテフロンを買い求めました。
色々考えて、ティファールのIHサブリームというラインのウォックフライパンと、フライパンを使っております。
これはこれで焦げ付かず(当然)、いい感じです。お手入れ楽ちん。

しかし。鉄のフライパンを使いこなすyokoさんに憧れて。
手を出してしまいました。
でも根性無しなので、焦げ付かないと評判のエンボス片手フライパンですけど。

作っているのは双葉工業。エンボス加工について熱く語られております。
ワタシはディノスで蓋付きの品を購入しました。
小さいサイズの物が欲しかったし、お試しという気持ちもあり1つだけ。
手持ちのティファールとはかぶらない大きさです。

鉄のフライパン

早速使っております。
他の鉄のフライパンと比較できないのですが…
蕎麦粉のパンケーキはちょっと悲惨な状態に。
でも目玉焼きとかは割と平気だったかな。
焦がしてしまうと、ちょっとくっついてはいますけど。

アスパラとベーコンぐらいだったら全然平気なんですけどね。
まだ使い始めなので、そのうち馴染んでくれるといいのですが。
サイズが小さい事もあって、ムスメと2人の食事とか、ちょっとした炒め物とかにしかまだ使用していないので、未知数の部分が大きいかなというところもありますが。

レビューだと持ち手が熱くなるのが難点という意見が多い様ですが、我が家は鍋類が全てそんな感じなので、あまり気になりません。オーブンにそのまま投入っていうのもそのうち試したいです。

アスパラガスのサラダ

鉄のフライパンは、テフロンと同じ火力でも食材にしっかり焼き色がつきますね。
ちょっと焦げたところが美味しそうに見える気が。
って炒めてサラダにしただけですが。笑

ただIHで使ってると、鉄のフライパンは変形する恐れがあるらしいです。
別のお店でフライパンを物色している時に聞きました。
このフライパンの注意書きにも強火にしない様に書いてありましたよ。

せっかくフライパンを入手したのだから、やっぱり次は、「私のフライパン」料理でしょうか。有元葉子さんのレシピって作ったことないかも・・・ お出汁の本も出されており、とても気になります。

よろしくです♪ →インテリアブログ

  1. 2008/11/04(火) 05:42:27|
  2. キッチン
  3. | コメント:8

スープストック

スープストック

深夜電力の時間を利用して、野菜スープのストックを作ります。
いわゆる鶏がらスープとか、牛骨スープとかの野菜バージョン。
キャベツの外側の葉とか、野菜の皮とかへたとか、そういうのをとっておいて少したまったところでグツグツと。たまたま気に入った本で紹介されていたのだけど、セロリの葉は欠かせないとあったので、セロリだけはこの為に買ってきます。

買ってきたら、茎の部分は生で食べたり、ピクルスにしたり。
作り置きをしているトマトソースに使ったり。
セロリは大好きなので、問題無しですな。笑

このスープストックの良いところは、本来捨てる部分を使って出来るという気軽さ。
皮ごと食べるというのが 本当は理想なのかもしれないけれども、一歩ひいたところでも食べ物を最後まで味わうという気持ちは、自分自身にとっても、子供たちにとっても大事にしたいところかなと思っております。

まぁ実際は 美味しいから作るってだけです。笑
和風出汁と一緒。そうじゃないと続かないのです。

そのうち鶏がらスープにはチャレンジしてみたいのだけれど、22cmのルクが1番大きい我家の鍋事情。先日見かけたル・クルーゼのストックポットが気になっています。パスタ鍋も欲しいと思っていたし、兼用するには丁度良さげ。
でも白は廃番なのね・・・ もう少し大きい物もあったみたいなのに残念。
ルクは白で・・・(グリルロンドは違うけど)と思っていたのに、ショック~~!
ル・クルーゼである必要があるのか?という気もしないでもない。笑


All-Cladのストックポットもかっこいいね~
厨房風? とってもお高いけれども。

よろしくです♪ →インテリアブログ

  1. 2008/11/01(土) 13:41:02|
  2. キッチン
  3. | コメント:8

KAMADO炊飯 5分づき米

以前にもお話しましたが、 野田琺瑯 KAMADO(かまど)を使ってご飯を炊いています。お鍋で炊いてる理由は、炊飯器を置きたくないから・・・ が元々の理由でして。過去ルク炊飯→土鍋炊飯とまたいで今のKAMADOになりました。

土鍋の方がもっちり炊けるという話もありますよネ。
(IHにしてちょっと後悔している点でもあります。土鍋使用に限らずですが。)
本当は 条件を変えずあれこれ比較してみるのが一番かなぁと思います。
興味深いサイトもあります →ガスコンロでメシを炊く

残念ながらKAMADOは無いですけど。

まぁ元々の動機もおいしいご飯をもとめて・・ではないですし、敏感な味覚でもありませんので、こういう話題は避けてたのですが(笑)
アレコレ調べていても、美味しいという感想以外がなかなか見つけられなくて。果たしてこれで良いのだろうかと疑問に思う日々。その都度ご飯を炊いてますし、もちろん美味しいのではない?と思っているのですけど、もっと良い方法があるかもでしょ?
タイミング良くyokoさんとのお話もありましたので、思い切って我家のKAMADO炊飯を大公開~。(ってほとんどマニュアル通りですけど)

「KAMADO炊飯」あれこれ。

本日は、五分づき(玄米と白米の中間という精米)の新米を1合炊きます。
基本的に食べる分をその都度炊いているので・・・
相方が単身赴任中の今は、1合~2合程度の炊飯量です。

KAMADO炊飯

(左)
①お米を優しく洗って 同量より少し少ないくらいの水につける。浸水時間は1時間。

 ・新米なので若干水は少なめ。通常は1:1にしています。

 ・BG米は使わない(これは過去記事でも言ったけれど、ツヤも無くいまひとつだったので)便利な商品ですし、以前は愛用しておりましたが。無洗米でも変わらないよ~というご意見がありましたら、是非銘柄なども教えてくださいネ。

 ・重たいけどKAMADO本体で、手早く優しく洗う!

(右)
②加熱スタート ナショナルIHでは目盛6 強火エリアの1番弱です。

 ・火力は説明書の「やや強火」を元にしております。

 ・うちは途中まで蓋は外しています。料理家の方が、味に差は出ないと仰っていたのもありますし、説明書でも蓋無しとなっていますので。最初から蓋をすると、蓋の上まで噴き上がり、吹きこぼれこそないものの蓋がかなり汚れます~。
 
KAMADO炊飯2

(左)
③加熱を始めて3分弱でボコボコと沸騰してきます。

 ・ここでしっかり沸騰させないとお米は立たないのだそうです。

(右)
④沸騰してから30秒ほど経過(加熱スタートから3分半程度)で 水がある程度ひきました。ここで蓋をして、火力をごく弱火(目盛1)に調整して、タイマーを12分にセット。

 ・ある程度ひくの判断は難しいのですが、うちはこれくらいで。もっと水が残っている時に蓋をすると柔らかめに、逆にうっかり放置して水がもっとひいてから蓋をすると、しっかりめに炊き上がる気がします。あくまでも、主観ですが。

12分経過したら、火を止めます。
止める前に強火で追いだきを30秒(おこげが欲しければ1分)とありますが、これは気分でしたりしなかったり。今日は面倒なので省きました。笑

火を止めたらそのまま10分蒸らします。放置です。

KAMADO炊飯3

(左)
⑤10分蒸らしてから、フキンを間に挟んで 追加で数分蒸らします。フキンに余分な水分を吸い取ってもらうため・・・らしいですが、効果の程はいかがでしょう。これは腹ペコちゃん達の機嫌や、その他の料理の進行具合で省くこともあります。

(右)
⑥全ての工程が終了。ご飯が炊けました。
 後は全体をさっくり混ぜるだけです。この時点でおひつに移せるといいのですけど~。欲しいおひつは高嶺の花なのでまだ手に入れてはおりませぬ。
 話がそれましたが、今日もきっちり蟹穴が見えてます。この蟹穴、ご飯が美味しく炊けてますよというサインらしいですよ。割とその都度出来てると思うのですが、土鍋や他の鍋炊飯でも出来ましたっけ?当時は蟹穴という言葉を知らなかったので、よく覚えてないです・・・ 沈

以上 炊飯はこんな感じです。
って今回記事を書くのに久々にマニュアルを見てみましたら、布巾をかけるタイミングを間違えてた事に気が付きました。効果を感じなくて当たり前でした。笑
本来は10分の蒸らし終了後、なべ底からご飯をふんわりほぐして、布巾をかけてふたをする・・・だそうな。という事は、おひつがあれば不要な作業ですね。

全体としては浸水時間をのぞくと、30分もかからずスピーディーです。3~4合炊いても30分程度では無いかと思います。ご飯も各々好みがありますし、お米の品種や温度などの諸条件もそれぞれ異なりますので、どれが正解という事は無いと思います。でもあれこれ意見交換ができれば、もっとKAMADOが可愛くなるかもーと思いますので、ぜひぜひ何かあれば寄せてくださいネ。

でわでわ お帰りはこちらから →インテリアブログ

  1. 2008/10/28(火) 06:03:22|
  2. キッチン
  3. | コメント:12

キッチンの何とかしたい場所

キッチンの電化製品ってそんなに多くないと思うのですよ、うち。
炊飯器も電気ポットも無いし、オーブントースターだってありませんし。
そういえばコーヒーメーカーも無いな。

あるのは、フードプロセッサーとジューサー・・・
そして これ。

IMG_6120.jpg

オーブンレンジです。これは無いと生活できない必需品。
レンジとしてはもちろん、オーブンとしても頼りにしております。

が、目立つ。存在感発揮しすぎなのです。
これがダイニングから丸見え。
分かってはいたけれど、やはり気になって気になって仕方ないのです。
最近、ダイワハウス繋がりのariさんのキッチンの記事を見て、その思いはさらに強くなり。笑 ariさんみたいに使いこなせていないのに~。

というか、壊れていない物を買い替えるのは意に反するのですが、
このオーブンレンジ 初期不良があって不調なのです。
保証期間内にってメーカーに連絡したのだけど、対応があんまりで。涙
何度こういうやり取りをするんだろうって思ったらげんなりして放置という経緯が。
レンジが欲しいとタイムリーに実家も言ってるし。あは、言い訳?

次買い換えるなら、絶対見た目!って思ってるけど、(なんか違うか?)
この1年。モデルチェンジがあり、デザイン変更があり、目まぐるしい家電業界ですが。なかなかコレ!と思える物には出会えないものですね。 
見た目優先なら、アマダナのオーブンレンジがいい!(ちょっと高いけど)
かっこいいですよね、amadana。電卓も欲しいと数年来・・ 手が出ず。笑
これってOEMどこなんだろう。冷蔵庫は三菱っぽいけど。
今のオーブンレンジと一緒のメーカーだったら却下されるのです・・・相方に。爆
他の物でも交換3連チャンという相性の悪さでして。

アマダナオーブン。
機能はワタシが使うくらいは余裕でクリアしてそうですが、大きさはどうなのかなぁ。
サイト見てても ちんぷんかんぷんです。嫌になる機械オンチ。
使ってる方 いらっしゃったら詳しく教えてくださいね♪

よろしくです♪ →インテリアブログ

  1. 2008/10/27(月) 06:23:54|
  2. キッチン
  3. | コメント:10

出汁をとる。

和食の時は、鰹節と昆布で出汁をとります。
  ※お料理上手な訳では決してありません。泣

きちんと続ける事ができたら、買おうと思っていた物を
そろそろ考えてもいい時期かなぁなんて。えへ。

もうすぐ4年になるのでね。
今の方法に落ち着くまであれこれふらふらしたのですけど。
例えば…

・1度にたっぷり作っておく

 これは余らせて腐らせる事が多かった。
 毎日必ず和食という訳じゃないし。
 作る時に気合を入れなくちゃいけないのも
 気分屋のワタシは波が訪れない日が多くてめげた。笑
 冷凍庫が広ければ冷凍保存しておけたかも~

・ピンチの時用に出汁パックをストック

 市販の無添加の出汁パックを準備。
 かつおだけのは物足りないので、昆布だけは
 自分で準備して・・ って感じで。
 でもコレがあると思うと、つい楽ばかりとっちゃって。
 大袋で買っていたカツオがダメになる・・ 沈
 風味も飛ぶし、鰹節は少しずつ買う派に転向。

 でも八宝だしは 美味しかった。手軽だし。

・鰹節を出汁用パックに詰めておく

 水○リットルに○グラムみたいなルールもあるし、
 後で濾す手間が省けるぞ~と試していたのだけど…
 普通に鰹節を泳がすよりも風味が劣るし、
 出汁パックが毎度ゴミになるのが気になり中止。


思えば最初は、≪出汁をとるルール≫を気にしすぎていたのです。
昆布の量、鰹節の量、それぞれを出し入れするタイミング、手順 etc…
でも食べるのは自分達だし、、そんな神経質にならなくてもOK。多少失敗(?)しても、顆粒出汁より安全で美味しいじゃないの♪って開き直れたら、途端に楽に。

だから今は、使う時に使う分だけ出汁をとるという方法で落ち着いています。
いつも同じお鍋を使っていれば量は目分量でも大丈夫だし、急いでる時とか気分がのらない時は、最後に濾す手間を省いちゃうし。
過去の反省をふまえて、100gくらいのかつおを買うとか、昆布は使うサイズに切って保存しておくとか、IHのタイマーを活用するとか自分なりのルールも出来たし。

で。そろそろ時期がきたかなと。(前置き長っ)
コレコレ、コレです。

鰹節削り器

今はね、本枯節を取り寄せて、実家から借りてきた鰹節削り器でお試し中。
いけそうだと思ったら、自分用の鰹節削り器を買おうと思って。
もうすぐ30歳の誕生日なので、記念に一生物をというこじつけもあり。プププ

三色丼

日々のごはん、とっても地味~。笑
でも鰹節を削るだけで、風味が変わったのですよ。
ムスメがお味噌汁を残さず飲んでくれる様にもなりましたしね。
この日は、三色丼のアスパラのおかか和え、お味噌汁、牛蒡と人参と鶏肉の炊き合わせ用に、ガリガリガリ… … 困ったことに、こういう非効率的な事ばかりが楽しいの。珈琲豆もガリガリ派。

買うなら木屋のモース博士の鰹節削り器か、有次の物かなぁ。
どちらも、よくある鰹節削り器とはつまみ部分がちょっと違うところが好き。笑
有次の方が評価が高い?という気もするけれど、近くに取扱店も無いからなぁ。
な感じでうだうだ悩みつつ、色々調べているところなのです。
な~んでもいいので、なんか情報あったら教えてくださいね。
同志も募集中~~~ 笑

よろしくです♪ →インテリアブログ

  1. 2008/10/18(土) 20:56:38|
  2. キッチン
  3. | コメント:12
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。